読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめての薬剤師

新米薬剤師の奮闘記、悩み、オススメを記載していきます。

スポンサードリンク

筋肉痛なら湿布貼ってれば治る?

足が筋肉痛の患者がいた。 普通なら湿布貼って様子みて下さいね、で済むかもしれない。 しかしながら、クレストールが出ていたらどうだろうか。 横紋筋融解症を思い浮かべるだろう。 この患者が筋肉痛やから、湿布貼ってれば治る?と聞いたとしても処方薬か…

正社員が抜けて、、、

正社員が一人抜けてのスタート。 人員の補充はないので、より厳しくなる。 そして、人間関係もおかしくなり始めるのには絶好のタイミングである。 管理薬剤師が切り替わり、立場が変わった人間が一番あやしい。 独壇場としたがることも多い。 その例に当ては…

木曜日

木曜日の薬局は時間がある。 時間があるから、ゆっくりできるは間違いである。 自分の時間を持てるということは、有効活用しなければ損だ。 勉強するもよし、普段できない作業をするもよし。 サボる、は論外である。

発注担当

勤務し出してから2週間で発注担当になった。 これは面白い役目だ。 なぜなら、薬局で動く薬がよくわかるからだ。 その分、責任は重い。 在庫切れを起こせば、発注担当の責任である。 しかし、絞るところはとことん絞りたいので集中して作業をしている。 な…

週40時間

週40時間勤務は多いだろうか。 否、少ない気がする。 前の職場では、月に180時間程度が勤務の規定時間だった。 それに比べると少ない。 今の職場は時間数も仕事量も少ないのに給料がいい。 同じ内容の仕事をしてるなら給与は高い方がいい。 時間は有限である…

一包化

一包化でたまにある。 25mgを二つ。 50mgの規格があるのもかかわらず。 50mgひとつの方が作業短縮できませんか? 対物業務は効率命。 対人業務は満足度命。 これは対物なので効率を優先させたい。 患者目線で1錠でも少ない方が飲みやすくないかという疑問も…

今週の言葉

人間には 負けるとわかっていても 戦わなければならないときがある。 だから、たとえ負けても勝っても、 勝負をもって 人を評価しないでください。 福沢諭吉

皮膚科の門前

皮膚科の門前だと、100gの軟膏ツボ5つとか普通に出てくる処方である。 そんなもの作ってたら、必ず薬剤師が1人欠けてるのと同じである。 皮膚科の門前で働くなら、この点を考えていただきたい。 自分は軟膏を練りたいのか、患者とゆっくりコミュニケーション…

シフトなど関係ない

21時まで、それが最終まで入る時のシフトである。 しかしながら、近くの医院が終わるまでは終わらない。 日が変わろうとも終わりの連絡がなければ終わらない。 非常に疲れる時間を過ごすことになるが、なにかいい策はないだろうか。

半錠

規格があるのに半錠するのは納得がいかない。 自家製剤加算がとれないからだ。 このような無駄な行為をできる限り絞りたい。

他店への勤務

他店への勤務が昨日突然舞い込んだ。 非常に楽しみにしていた。 なぜなら、うかがっている話では私にとって働きやすそうな環境のように思えたからだ。 実際に、朝から入った。 予想通り非常に働きやすい。 私のよさを打ち消しながら仕事をしているのが、いつ…

3回ルール

物事を教えるとき私はいつも以下のように教える。 1回目:自分がしているのを見せながら徹底してメモをとらせる。 2回目:付きっきりで実際にメモを見ながらしてみてもらい、間違いなどあればすぐに訂正する。もちろん、質問には答える。 3回目:時間があれ…

薬歴はいつ書くのか

新たな職場で投薬もしだしているので、薬歴を書かなくてはいけないわけだが、書く時間を作らせてもらえない。 合間に書こうとしたら、これ監査しておいて、これ一包化して。 薬歴書く時間なくないですか。 しかもシフト制なので、時間が来たら帰ることになる…

今週の言葉

Revolutions are not about trifles, but spring from trifles. 革命は、些細なことではない。しかし、些細なことから起こる。Aristotle アリストテレス

なんこう練太郎

皮膚科の門前では必須アイテムだ。 100gの軟膏ツボを5つと書かれた処方箋が普通に来る。 なんこう練太郎がなく手で混ぜないといけないことを考えるとゾッとする。 機械がなかった時は、どのようにして調剤していたのだろうか。 非常に気になる。

コバジル

コバジル コジハル コバジル コバジル コバジル AKBが好きなわけではないが、初めてコバジルを見たときコジハルかと思った。 薬自体はACE阻害薬で、高血圧に使用するものである。 これでひとつ棚の位置と薬の性質を覚えることができた。

先生と呼ばれること

先生と言えばどの職種を思い浮かべるだろうか。 教育の現場にいる方はもちろんだが、医療の現場では先生と言えば、医師だと思う。 今回の薬局、パートの薬局でもそうだったが、先生と呼ばれる。 これには違和感しかない。 薬剤師が先生なのか。 旧世代4年制…

適応能力の高さ

前の職場を辞めてから次の職場へうつる間の期間パートをした。 雇う側も10日ではほとんど動かないだろうと思っていたみたいだが、いい意味で期待を裏切った。 かなりの評価をいただけた。 次の職場でも、この適応能力の高さを再現できるか試していたわけだが…

時間の使い方

前日は気苦労で爆睡してしまった。 勉強しなくては。 一日経って思ったことがある。 知識の定着には睡眠が不可欠であるので、爆睡したお陰で身に付いてることが多い。 まだまだ、ミスはする。 しかし、この短期間のミスを繰り返すことで定着率もよくなるはず…

今日から新しい職場へ

新しい職場にやってきた。 午前を終えたが、かなり気を遣う。 なにせ、薬剤師が多い。 処方箋が100枚もいってないのに、6人も薬剤師がいる。 事務も3人。 前の職場なら、事務1人に薬剤師3人。 かなりの威圧感と圧迫感を味わう。 しかも、ローカルルールがや…

今週の言葉

人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。松下幸之助

クリーム剤は冷所保存していい?

ある冊子でゾビラックスクリームは冷所保存は避けることとの記述があった。 これを読んでからクリーム剤はすべて冷所保存してはいけないと思い違いをしてしまった。 これは、大きな過ちだ。 パート先で混合した軟膏・クリーム剤を冷所保存していたので、思わ…

NSAIDSでない、カロナール

カロナールでも、併用薬にレバミピドが出ている。 作用機序から考えると胃が荒れる心配はないはずなのだが、なぜだろうか。

高価な薬

サムスカをご存じだろうか。 残念なことに鳥かごにいた私は知らなかった。 パートで新たな店舗で働いているわけだが、小さめの段ボール一箱で100万近くする薬だと店長が教えてくれた。 しかも、利尿剤。 私の頭の中では利尿剤は安価イメージしかなかったので…

セレコックス使用時の胃薬併用

今、職が変わる間の短期間をパートとして働かせていただいている。 非常にありがたく感謝している。 そこで、処方箋を見て思うのだが、セレコックスに対をなしてレバミピドが出ている。 おかしいと思わないだろうか。 なぜなら、セレコックスは選択的なCOX2…

給与について

前職でもそうだったが、薬剤師の給与形態には納得いかない。 仕事をいくらバリバリこなしまくっても、給与には反映されない。 頑張る意味なくね? これやと手抜くよね。店長みたいに。 研究してるときはバリバリすればするほど結果が伴ってきた。 逆にしてな…

Zドラッグとは?

昨日、本を読んでいたら出てきたNew WordがZドラッグだ。 Zドラッグとは、ゾルピデム、ゾピクロンといった頭文字がZで始まる医薬品のことである。

今週の言葉

唯一の善は知識であり、唯一の悪は無知である。The only good is knowledge and the only evil is ignorance.Socrates ソクラテス 薬剤師にも当てはまる言葉ですね。 患者に説明する時も知らないでは済ませられませんね。

井の中の蛙

調剤薬局で働きだして約1年。 新しい仕事はほぼない。 初めは毎日新しいことを覚え、失敗しては覚えを繰り返していた。 そうこうしているうちに、管理薬剤師が担当していたの仕事を大幅に引き受け、その他の雑務もこなしていくようになった。 薬局では欠けて…

3万人

3万人。 この人数の表しているものが何かお分かりだろうか。日本における年間自殺者の数である。WHOの世界基準によれば、日本の自殺者は10万人を超えている。さらに、15歳以上40歳未満の死亡理由、第1位は自殺である。日本で年間約130万人が死亡しているが、…

在庫管理とは!?そして、ジェネリックとは?

調剤薬局に勤めれば必ず向き合うことになる在庫管理。 棚卸しの時にはしっかり薬を搾るのは薬剤師あるあるですよね。 ところが、私の勤めている会社では棚卸しが年2回あります。 しかも、1つは決算月。 これは搾るの当たり前。 なぜなら、薬の在庫量分の値…

教えてください

前回に引き続き、かかりつけ薬剤師について。 かかりつけ薬剤師制度が始まってもうすぐ1年過ぎようとしている。 私が勤務している会社でもかかりつけのことが話題になっていた。 最初の頃はかかりつけ薬剤師をとりましょうだった。 しかしながら、時間の流れ…

疑問

かかりつけ薬剤師制度は必要か。勤めている会社では、かかりつけになった患者にはより良い医療を提供しないといけないと述べていた。しかしながら、それの必要性は感じられない。なぜなら、どんな患者に対しても自身ができる最大限の医療を提供しなければい…

今週の言葉

Employ your time in improving yourself by other men’s writings, so that you shall gain easily what others have labored hard for. 本を読むことで自分を成長させていきなさい。 本は著者がとても苦労して見につけたことを、 たやすく手に入れさせてく…

スポンサードリンク